ペンションのよくある問合せ

 あかちゃん インフォメーション
離乳食は、作ってもらえますか?
前期・中期・後期・完了期・幼児食とお子さまの月齢や年齢に応じて対応いたします。
【→インフォメーション】


ミルクをつくる電気ポットは、有りますか?
お客様がおやすみになる客室のフロアー中央に、60度に設定し備え付けております。

ベビーベッドはありますか?

勿論ございます。但し洋室ツインのお部屋しかご利用できません。

子供用のスリッパは、ありますか?
勿論ございます。

こどもの添い寝は、できますか?
ご利用できます。洋室のお部屋の場合、ベッド2杖を引っ付けて壁際に寄せて、お客様をお迎えいたします。

こどもの宿泊料金は、いくらですか?
【→インフォメーション】でご確認下さい。

1回食の対応は、できますか?
勿論、ご利用できます。

キッズルームは、ありますか?
勿論ございます。24時間ご利用できますので、夜泣きなどでお困りの場合もご利用下さい。
【→インフォメーション】

使用後の哺乳瓶の煮沸洗浄は、そうすれば?

ペンションスタッフに、お渡し下さい。責任を持って、洗浄から煮沸まで対応いたします。


 ご宿泊について
こどもは、いません。カップルなのですが、宿泊できますか?
申し訳ございません。当ペンションは、キッズペンションで、お子さまが同伴しない場合は、お断りしております。

こどもが、キッズルームであそんでいる時、ご宿泊のお父さんは、どうしていますか?
キッズルーム横には、パパ・ママ専用のプレイルームがございます。皆様そこでお酒を召し上がったり、大型プラズマテレビを楽しんだり、備え付けてある、漫画本を楽しんでおられます
【→インフォメーション】


何日前から予約できますか?
宿泊予定日の3ヶ月前から承っております。

たばこは、すえますか?
申し訳ございません。全館禁煙で喫煙場所は、玄関を出た場所に灰皿をおいております。

チェックイン・チェックアウトは、何時ですか?
チェックインは、16時から、チェックアウトは、翌日10時です。

キャンセル料は、いつからかかりますか?

宿泊日の2週間前からかかってきます。
【→インフォメーション】

アメニティーはどのようなものがありますか?
バスタオル・タオル・歯ブラシは、ご用意しています。但し浴衣のみ有料になります。

誕生日などの記念日に対応できますか?
ケーキをご用意し、着ぐるみのうさぎさんがお祝いする。そんなプランをご用意致しています。
【→インフォメーション】

ペットは、泊まれますか?
アレルギーのお子さまも、おみえになりますので、ペットの出入りはご遠慮いただいております。

クレジットカードは利用できすか?
申し訳ございません。クレジットカードは、ご利用できません。

近くにコンビニは、ありますか?
当ペンションから車で、およそ5分の所にございます。地図をおわたししますのでペンションスタッフにお伝え下さい。

宅配便で荷物をおくれますか?
宿泊当日のみ、お受けできますが、あらかじめご連絡下さい。
住所は、
【→インフォメーション】でご確認下さい。

駐車場は、ありますか?
普通車12台の、駐車場をご用意しています。

今まで、どんなマスコミや取材がきましたか?
沢山のマスコミの方に、取り上げられました。テレビでは、毎日放送のちちんぷいぷい、朝日ゆう、雑誌では、るるぶ淡路島、まっぷる淡路島、家族でお出かけ、ホット高知、ワイヤーママ、神戸新聞、京都新聞、関西じゃらん、等々
【→インフォメーション】

部屋にトイレ・お風呂は、付いていますか?
もうしわけございません。お部屋には付いておりません。トイレは共同で、お風呂は貸切家族風呂です。

近くの観光地を教えて下さい?
淡路ワールドパークonokoro,淡路島牧場、淡路ファームパークイングランドの丘など。淡路島は、手つかずの自然の中に、素敵な観光地があります。
【→インフォメーション】

キャラクター部屋があると聞いたのですが?
全室キャラクターのお部屋ですが、こども達の大好きなTVでもおなじみのキャラクターの部屋は、和室の部屋でございます。
→インフォメーション

 お風呂について
家族で利用できる家族風呂は、ありますか?
お風呂は、2つあります。両方とも家族で貸切できる貸切家族風呂です。ご家族だけの時間をお楽しみ下さい。

大浴場は、ありますか?
申し訳ございません。大浴場は、ご用意していません。

露天風呂は、ありますか?
ございます。天然温泉貸切家族風呂と、キッズ専用露天風呂がございます。(加温・循環濾過
【→インフォメーション】

温泉ですか?

天然温泉のお風呂が1つ、水道水のお風呂が1つです。

キッズ専用露天風呂ってなんですか?
未就学児が浸かれる深さの浴槽で、パパ・ママの浴槽の横にあります。こどもが滑らないように、浴槽の底に
工夫を施しています。
ママにもゆっくし温泉に浸かって欲しい。このお風呂は、僕のお風呂だよ!なんて声がきこえそうなお風呂を考えました。
【→インフォメーション】

copyright (c) 2002 - 2016Noboru Shimowak